PROJECT > WEB APPLICATION

ウェブアプリケーション

独自に制作した天文計算プログラムライブラリを使って、HTML5/Canvasベース・WebGL/THREE.jsベースのプラネタリウム系アプリを開発しています。アプリは各種ウェブサイト内やイベント会場での映像演出に活用されています。

ライブラリはJavaScriptで構築されており、主に下記のような関数をまとめてあります。

  • 天体の位置計算に必要な基本パラメータの計算プログラム
  • 太陽・月・惑星の位置計算、座標変換プログラム
  • 恒星・天の川・星座線・星座名のデータと位置計算、座標変換プログラム

関数は簡単に呼び出してプラネタリウムや惑星シミュレーションなどを作れるよう汎用性を持たせてあります。これまでに、科学館施設の映像展示システム開発などに活用されています。

 

ライブラリを使用したアプリⅠ:ウェブ星座早見

好きな日時や場所を選択すると、見える星空を表示できるウェブアプリです。星や天の川をできるだけ美しく描画することを目標にしています。表示解像度や要素の表示/非表示をカスタマイズできるので、ウェブ表示の他にも印刷用パンフレットなどで汎用的にご利用いただくことができます。

ウェブサイトでのご利用、カスタマイズ等をご希望のかたは、お問い合わせください。

天の川データ: AstroCommons

HTML5/Canvasに対応したブラウザでご覧ください

 

ライブラリを使用したアプリⅡ:思い出の星空プリント

好きな日時や場所で見える星空の高精細画像を生成します。ポストカードサイズや2L版サイズで印刷できます。記念日や思い出の場所の星空を手軽に印刷できるサービスアイテムとして、イベントなどでご活用いただいています。
システム自体を提供することもできますし、生成された画像のみをご利用いただくこともできます。

現在このサービスは星つむぎの村で運用されています。システムやサービスの利用をご希望のかたは、星つむぎの村までお問い合わせください。

星つむぎの村のウェブサイトはこちら

思い出の星空プリントのサンプルはこちら(2Lサイズで約250dpi 3.9MB)

memorial

 

開発・サポートを終了したアプリ:スターライトドリーム

イベント会場の空間演出で使える星空投影ソフトウェアです。
好きな日時、場所の星空投影はもちろん、星空がまたたきながら空をめぐる様子や流れ星を自由に投影することができます。
さらにイベント空間演出機能として、星空の周囲にイルミネーションリングを投影したり、星空をバックに好きな写真を投影する機能を持っています。

2006年のリリース以来、新車や新製品発表会のアンベール演出、パーティーイベントやウェディング等の冠婚葬祭、レストランや水族館、科学館など、さまざまな会場の天井や壁面を星空で演出してきました。
ベンダーサポートの切れたプログラミング言語(Microsoft VisualBasic6.0)で開発したソフトウェアのため、2015年をもって提供とサポートを終了しています。

starlightdream

 

これまでの主な実績:Achievement

  • 安城市文化センターリニューアル:エントランスホワイエ映像展示システム開発(ライブラリ提供)
  • スターラウンド八ヶ岳ウェブサイト:はじめての星空コーナー(ウェブ星座早見日本語版/英語版提供)
  • スターラウンド八ヶ岳:リーフレット掲載用星図(高精細画像提供)
  • 星つむぎの村オリジナルカレンダー:星座早見盤(高精細画像提供)
  • 星つむぎの村イベント:希望の星空コーナー(思い出の星空プリントアプリ提供)
  • その他