ウィルシステムデザイン プロジェクトアーカイブ

Nightshade活用ノウハウ:基本操作と設定

今回は、Nightshade手動モードの基本操作を紹介します。
マニュアルにはすべて書いてあるのですが、英文なのでちょっと見づらいかもしれません。ということで、基本操作部分はここにまとめておきます。
ちなみに、マニュアルは、Nightshadeをインストールしたフォルダ内にあります。Windows版の場合、通常はここです。
c:\Program Files (x86)\Nightshade/doc/nightshade-user-guide.pdf

 

さて、Nightshadeを起動させたら、まずはどれか星をクリックしてみましょう。すると、その星の情報が左上に表示されます。

その他の基本的な操作は、画面左下と右下にあるアイコン、またはキーボードを使ってできるようになっています。
各アイコンの説明は以下の通りです。カッコはキーボードショートカットです。ショートカットには、アイコン以外の表示機能が多く割り付けられています。
(画面は私の環境設定なので、表示が少し違うところがあります)


画面左下のアイコン

1 星座線(C):星座の線を表示します

2 星座名(V):星座の名前を表示します。

3 星座絵(R):星座の絵を表示します。

4 地平座標(Z):地平座標(方位/高度)をグリッド表示します。

5 赤道座標(E):赤道座標(赤経/赤緯)をグリッド表示します。

6 風景(G):地上の風景を表示します。

7 方位(Q):東西南北を表示します。

8 大気(A):青空や朝夕焼け、月明かりなどを表示します。

9 惑星名(P):惑星や小惑星の名前を表示します。

10 星雲星団番号(N):星雲や星団、系外銀河の名前(メシエ/NGC番号など)を表示します。

11 座標系切り替え(ENTER):投影座標系(地平座標/赤道座標)を切り替えます。

12 センタリング(SPACE):クリックした天体を視野の中心に移動させます。画像は、オリオン大星雲をクリックしてセンタリングしたときの様子です。

13 検索(CTRL+F):天体を検索します。

14-1 環境設定(1)ー言語(Language)タブ:言語や星座絵の種類を設定します。Program LanguageとSky Languageで「ja」を選択すると日本語表示に変わります。

14-2 環境設定(1)ー日時(Date&Time)タブ:現在日時を設定します。

14-3 環境設定(1)ー観測場所(Location)タブ:観測地の場所を設定します。地図上でクリックしても緯度や経度を直接入力してもOKです。

14-4 環境設定(1)ー背景(Landscapes)タブ:地上の背景を設定します。背景はデフォルトで何種類か入っています。

14-5 環境設定(1)ー画面(Video)タブ:描画方法や解像度を設定します。モニター環境などに合わせて設定します。

14-6 環境設定(1)ー描画(Rendering)タブ:起動時の各要素の表示/非表示を設定します。

15 ヘルプ(H):キーボードショートカットの一覧を表示します。

16 終了(CTRL+Q):Nightshadeを終了します

 

画面右下のアイコン

17 巻き戻し(J):時間を巻き戻します。押すたびに巻き戻す速度が増します。

18 リアルタイム(K):実際と同じ時間で経過します。

19 早送り(L):時間を早送りします。押すたびに早送りする速度が増します。

20 現在時刻(8):現在時刻に戻します。

 

画面上のアイコン操作だけで、基本的はことは一通りできます。ぜひ実際にいじってみたください。

 

関連記事

ウィルシステムデザインについて

 

ウィルシステムデザインは、2004年に設立した個人オフィスです。

2003年、国内ではほとんど普及していなかったプラネタリウム出張上映を始め、これまで全国で数多くの上映会やイベントを手掛けてきました。

現在は上映上映支援に加え、投影機材や関連システムの開発、上映番組やプラネタリウムアプリケーションなどの企画制作を行っています。

プロジェクトアーカイブについて

このブログでは、ウィルシステムデザインがこれまでに手がけてきたプロジェクトの技術情報やノウハウ等をまとめていきます。