ウィルシステムデザイン プロジェクトアーカイブ

Nightshade活用ノウハウ:テキストメニューで詳細設定

前回の手動モード紹介記事で、Nightshadeの基本的な機能は画面上のアイコンまたはキーボードショートカットで操作できることが分かったと思います。
今回は、その他の細かな設定方法について紹介します。


Nightshadeにはたくさんの詳細設定項目があり、それらはテキストメニューで設定することができます。

テキストメニューを表示させるには、キーボードの「M」キーを押します。あとは矢印キーを使って項目を選択し、編集したら「Enter」キーで確定させます。
編集できる項目はカテゴリ毎にまとめられています。詳しくはマニュアルを参照していただくということで、ここではカテゴリ一覧を紹介します。

 

1 場所(Set location)
起動時の観測位置(惑星、緯度経度など)を設定します。

2 日時(Set time)
起動時の日時設定や表示方法を設定します。

3 一般(General)
使用言語や星座絵、背景を設定します。

4 恒星(Stars)
表示等級や等級差、またたきの度合いなどを設定します。

5 色(Colors)
星座の線やラベル、絵、各種座標線などの表示色を自由に設定できます。日本では、赤道は赤、黄道は黄色で投影されるのが一般的です。

6 効果(Effects)
天体表示関連やズーム関連など、上記以外の演出効果に関する設定です。

7 スクリプト(Scripts)
スクリプトを呼び出して自動運転できます。

8 管理(Administration)
設定の保存や呼出し、ソフトウェア情報表示などができます。


テキストメニューで設定したパラメータは、Windows版の標準的なインストール環境では下記に保存されます。
c:\ユーザー\???\AppData\Local\nightshade\config.ini
???はユーザー名です。
(デフォルトの設定ファイルは、c:\Program Files (x86)\Nightshade\config\default_config.ini にあります)

 

テキストメニューの詳細設定をうまくカスタマイズして、自分のNightshadeをより使いやすくしてみてください。

 

関連記事

ウィルシステムデザインについて

 

ウィルシステムデザインは、2004年に設立した個人オフィスです。

2003年、国内ではほとんど普及していなかったプラネタリウム出張上映を始め、これまで全国で数多くの上映会やイベントを手掛けてきました。

現在は上映上映支援に加え、投影機材や関連システムの開発、上映番組やプラネタリウムアプリケーションなどの企画制作を行っています。

プロジェクトアーカイブについて

このブログでは、ウィルシステムデザインがこれまでに手がけてきたプロジェクトの技術情報やノウハウ等をまとめていきます。