ウィルシステムデザイン プロジェクトアーカイブ

Episode 15:もう入る!もう出る!

こちらも4歳くらいの女の子。なぜか、入るときも出るときもキレ気味なかんじ。 「もう入る!」 毎回そうやって入ってくるけど、投影前にすぐ出て行っちゃう。 「もう出る!」 だって。ホントは、こわいんでしょ~(笑) …

詳細を見る

Episode 14:たまごっちが呼んでるから

4歳くらいの女の子。ちょっとドームに入るんだけど、すぐに出て行っちゃう。 「あのね、たまごっちが呼んでるから、やっぱり出る」 次の回でもちょっとのぞいたりするけど、やっぱり同じ理由で退室。 キミ、たまごっち持ってないじゃん…

詳細を見る

EPISODE 13:天使だ

少し知的障がいを抱えた子がお父さんと見に来たときのこと。なにやら叫んで暴れていたので、内心「大丈夫かな?」と心配していたのですが、上映が始まると、静かにじっと星空を見上げている様子。 そして、話をしながらM45(すばる)の画像をド…

詳細を見る

EPISODE 12:おれ、11時からずっと見てるから

こういう坊主が一番困るんだよねー(苦笑)全部ネタをお客さんにバラしちゃうの。 「これなんだ?って聞くよ。ほら聞いた!答えは、はくちょう!」「あそこの星を説明するよ。おりひめだよ。ほら言った!」 ちょっとあきれたお客さんが「…

詳細を見る

EPISODE 11:素敵でした

たまに、自然体験施設で星の話を依頼されることがあります。今回はそこで出会った、とあるレディのお話。 その夜のお客さんは、都内のクリスチャン系小学校の先生と児童(ほとんど女の子)。林間学校の夜のプログラムということで、パソコンプラ…

詳細を見る

EPISODE 10:有能な助手・別れ編

でも、別れは突然やってきた。そう、いつだって別れは突然だ。 「いつまでそこにいるの?もう帰るよ!」ドームの外に響く声。 「あー、まってー!」あっけないほど簡単に、彼女は出ていった。後を追うようにドームの外に出てみたが、そ…

詳細を見る

EPISODE 09:有能な助手・出会い編

彼女との出会いは、海の見える住宅展示場だった。何度も何度もドームに入ってくる彼女。さすがにこっちも気になってしまう。 「何度も見にきてくれるね。気に入った?」意を決して聞いてみた。 「うん」少し恥ずかしそうにうなずく彼女。…

詳細を見る

EPISODE 08:HANAJI

欧州で人気の著名な日本人映画監督(大御所お笑い芸人)の作品名ではありません。これは実話です。 いつものように投影を終えてドーム内を明るくすると、女の子が一人だけ立ち上がっています。なんとその子の顔は…真っ赤!鼻血を出しているじゃ…

詳細を見る

EPISODE 07:なんで彦星が新幹線に乗るの?

夏の星空を解説するときのネタ。「織姫星と彦星は、本当は遠くはなれているんだ。彦星が新幹線に乗っておりひめに会いに行くと、なんと6000万年以上もかかるんだって」これには、たいていの子どもたち、それにその親も「へぇ~っ」って驚きます。…

詳細を見る

EPISODE 06:宇宙だ

普通プラネタリウムは、ドームの下の方には星は映りません。地平線の下に星は映さないようにします。しかし、ウチのピンホール投影機は、なんとドームの下にも床にもお客さんの顔や体にも星が映っちゃう!決して投影ミスとか怠慢とかいうわけじゃあり…

詳細を見る

ウィルシステムデザインについて

 

ウィルシステムデザインは、2004年に設立した個人オフィスです。

2003年、国内ではほとんど普及していなかったプラネタリウム出張上映を始め、これまで全国で数多くの上映会やイベントを手掛けてきました。

現在は上映上映支援に加え、投影機材や関連システムの開発、上映番組やプラネタリウムアプリケーションなどの企画制作を行っています。

プロジェクトアーカイブについて

このブログでは、ウィルシステムデザインがこれまでに手がけてきたプロジェクトの技術情報やノウハウ等をまとめていきます。