今年度も移動プラネタリウムで全国出張上映!

20160403

移動プラネタリウムの上映イベント、全国で盛り上がってますね。
実際に各地のイベントへ視察にお邪魔することがあるのですが、どこも賑わっています。

私がこの事業を始めた2003年~2004年当時、まだこういうことを商売としてやっている人は日本にはほとんどいませんでした。
投影機は自作ピンホールだったし、暗幕で囲んだタープテントの中に傘みたいな半球状の布を吊るしてドームにしてました。
イベントで設営しても、何だか得体の知れないモノがきたという好奇のまなざし。閑古鳥が鳴き続けるありさま。
それでも将来性を感じてくれ、協力してくれる人もいたのですが、もう当時の様子を知る人はほとんどいなくなりました。

あれから13年、すばらしい性能のデジタルプラネタリウムもエアドームも(高価だけど)入手することができるようになりました。

出張上映をする人や会社が増えるにつれ、認知度や市場も広がってきているような気もします。
大規模なイベントでも上映をする機会が多くなりました。これは一人ではなし得なかったこと。ありがたいことです。

でも、私の原点はやっぱり、あの「傘」です。
10人も集まればいっぱいになっちゃう小さな傘ドーム。
よく目を凝らさないと見えないピンホールの淡い星。
(雪だ!とこどもたちに言われて泣いた…)
今より一生懸命だったというと語弊があるけど、ホントにゼロからモノを作りコトを起こすべく孤軍奮闘したスタートでした。
あのときの初心、いつまでも忘れずにいたいものです。

新しい年度。新しいスタート。
気持ちもあらたに、がんばりたいと思います。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク