連休は惑星をさがしてみよう!

ゴールデンウィーク、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

実はこの時期、夜空にはたくさんの惑星が見えているのをご存じですか?
星のよく見えるところへお出かけのかたもいることでしょう。夜にはぜひ空を見上げて、惑星さがしを楽しんでみてください。

では、いつどこに、どんな惑星が見えるのか?

まずは夜8時とか9時ころ、南から西の高い空を見上げてみてください。
ピカーっと明るく光っている星がすぐにわかります。とても明るいので、都市部の空でもすぐ見つかると思います。

これが、木星です。
木星のいるあたりが、しし座という星座です。星占いでもおなじみですね。
木星やしし座は少しずつ西へ傾きながら、夜半すぎころまで見えています。

20160502.jpg

今度はもう少し夜遅い時間、夜11時とか12時あたりに南の空の低いところを見てみましょう。
なるべく南の視界がひらけた場所で眺めるのがコツです。明るく光る赤い星が見つかるでしょうか?

これが、火星です。

火星の近くには、白く光る星も見つけられます。
これが、土星です。

このあたりは、さそり座のある場所。さそりの頭から空に昇ってくるようなイメージです。
さそりの心臓のところには、「アンタレス」という名前の赤い1等星も光っています。
アンタレスとは、「火星に対抗するもの」という意味があるそうです。火星と赤さ比べをしてみるのもおもしろいでしょう。

20160502_2.jpg

普段は図鑑などでしか見ることのできない惑星たち。
目で見ても縞模様や輪が見えるわけではありませんが、本物がちゃんと光っているというだけで、なんだか「へえ~」ってなります。
しかも、惑星がここまで一緒に見られるタイミングもなかなかありません。
さらに連休中は月あかりがないので、星の観察には絶好の条件です。

天文台や地域の観望会イベントなどでは、これらの惑星を望遠鏡で見せてくれると思います。近くで催しがあるというかたは、ぜひ足を運んでみてください!

大型連休、晴れて星の見える夜には、空を見上げて過ごすのもいいものです。
温かいコーヒーでも飲みながら、ゆっくり星を見上げてみませんか?

※惑星は毎日見える場所が変わります。観察の前には、見える時間や場所をぜひチェック!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク