全天映像投影システム製作– PROJECTOR –

天井いっぱいに広がる映像や、エアドームの半球スクリーンすべてを包み込んでしまう映像。そんな驚きの映像投影を可能にする特殊なプロジェクターシステムが、ウィルシステムデザインの製作する全天映像投影システム「ソラプロジェクター」です。

全天投影システム
ソラプロジェクター

SORA DOME(ソラドーム)とSORA PROJECTOR(ソラプロジェクター)は商標登録出願準備中です。

目次

プロジェクターだけでは全天投影できない!

ソラプロジェクターは、市販ベースのプロジェクターでドームや天井に巨大な映像を生み出すシステムです。プラネタリウムや全天周映像の投影システムとして、さまざまなイベントや公共施設、教育施設、商業施設などで使うことができます。
会議やホームシアターなどで使われるプロジェクターは、通常前方のスクリーンや壁に映像を投射します。映像を頭の上に映し出すには、プロジェクターを上向きに設置するか、鏡などで投射光を上に向かせる必要があります。(ランプ光源タイプのプロジェクターは上向き設置自体ができない機種がほとんどです)

さらに、その映像を天井平面やドーム球面に大きく投影するためには、魚眼レンズという特殊なレンズを使った光学システムの設計製作が必要です。海外の専用システムを購入すれば数百万円、レンズシステムの設計だけでもかなり高価になります。
それを、国内で市販されているカメラレンズや光学機材を組み合わせて作り上げたのが、ソラプロジェクター。
「もっと手軽に、ドームや天井をプラネタリウムや全天シアターにしたい」という夢を叶える、特別な投影システムです。

プロジェクター

ウィルシステムデザインの全天投影システムは、下記サイトで公開されている技術情報を応用しています。

LSS | The Lhoumeau Sky-System(Digital Planetarium) Open Project

ソラプロジェクターのラインナップ

標準モデル

魚眼レンズを中心に構成された光学ユニットを使うモデルです。ドーム全天や天井平面に投影できます。

FHD/4K HDR対応
2700〜3000ルーメン

小型簡易モデル

魚眼レンズ単体のシステムです。小さな部屋で手軽に投影できます。(現在は製作を終了しています)

FHD対応
1000~2000ルーメン

カスタムモデル

標準モデルの光学ユニットを使い、他のプロジェクターと組み合わせたシステムの構築にも対応しています。

FHD〜4K HDR対応
2000〜10000ルーメン以上

納入実績

2016年の完成以来、製作したソラプロジェクターは31セットとなりました。お届けしたみなさまの一部をご紹介します。(納品予定先を含みます)
それぞれにシステムを活用して多彩なイベント上映や常設運用を実施されています。

  • 一般社団法人 星つむぎの村 様(移動プラネタリウム機材レンタル)
  • 株式会社メディア・アイ・コーポレーション 様(移動プラネタリウム機材レンタル)
  • 株式会社スペースクリエイションズ 様(各種ドーム映像上映)
  • ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 様(施設常設プラネタリウム)
  • 県営清里の森 様(施設常設プラネタリウム)
  • NPO法人 心魂プロジェクト 様(各種パフォーマンス映像上映)
  • あいプラネット 様(移動プラネタリウム上映)
  • 社会福祉法人 恵光園 様(施設常設プラネタリウム)
  • 合同会社あんどう 様(機材レンタル)
  • やんばる星み隊 様(移動プラネタリウム上映)
  • 360ぷらねっと(株式会社こよみ) 様(海中ドーム映像上映)
  • 星くじらのしっぽ 様(移動プラネタリウム上映)
  • 南山大学 様(科研・人類学研究アウトリーチ活動)
  • 合同会社VLOO 様(屋外大規模プロジェクションマッピング投影)
  • 合同会社アルタイル 様(宿泊施設常設プラネタリウム)
  • 岡山理科大学 様(学内常設プラネタリウム)
  • MOFネットワーク(星空ハンモック)様(常設プラネタリウム)

全天映像投影システム関連ブログ

お問い合わせ

全天投影システムに関するお問い合わせや導入のご相談は、下記よりお願いいたします。

目次
閉じる