全天投影システム製作 一時中断のお知らせ

このたび、21号機と22号機のシステム製作依頼をお請けしました。先月の19号機と20号機に続き、多くの製作のご依頼をいただき、本当に感謝です。

さて、今回の22号機の製作をもって、在庫の部材がすべて払底となりました。
すぐに購入できる機材はいいのですが、特に光学ユニットを構成する部品の中には、特注の加工品や入手しにくい部品が多くあります。これらの調達計画を検討するため、少しの間システムの新規製作を中断いたします。

加工品は決して安いものではなく、納期もかかるため、どのくらいの数量を発注するか非常に悩みどころです。
入手しにくい部品も含めて、いっそのこと3Dプリンターでも導入して自作するということも考えたのですが、やはり設計や造形の精度、強度の面で心配があります。
(そもそもそんな設備投資をするほどの需要が今後あるのか?という本質的な問題もあります)

今後そういったもろもろの検討も含めて、部品調達のめどが立ち製作を再開できるようになったら、あらためてお知らせしますので、よろしくお願いします。

この記事をシェアする
目次
閉じる