ソラドーム&ソラプロジェクターを納品しました

31号機となる全天映像投影システム「ソラプロジェクター」と、国産防炎エアドーム「ソラドーム」6mを納品しました。

今回の納品先は、美しい星空という資源を観光事業に活用されている官民ネットワークです。
運用が始まって情報がリリースされたら、こちらでもぜひ紹介したいと思っています。

星空のきれいな場所は日本各地にあり、それを楽しみに訪れる観光客も多いようです。場所によっては、体験ツアーやアトラクションを企画して熱心に誘致をされているところもあります。最近はソロキャンプなども流行しているので、川のせせらぎやたき火とともに満天の星空や天の川を楽しむのも人気がありそうです。

ただ、星の観望は天気に大きく左右されます。せっかくイベントを企画しても、いつもうまくいくわけではないのが悩みどころです。
曇ったり雨が降ったり、霧や雷が発生したり。
特に星のきれいな山間部は、天気が変わりやすいもの。
そんなときのためのアトラクションとして、モバイルプラネタリウムはとても威力を発揮します。
いや、悪天候時の代替というだけでなく、モバイルプラネタリウムをもっと積極的に活用する方法もたくさんあります。があまずはそこで今夜の星空を案内して、そのあとに望遠鏡などを使った観望会を実施することもできます。
小さなお子さんや高齢のかたなど、夜間に長時間外にいるリスクも軽減できます。

モバイルプラネタリウムは、星空を観光資源にした事業や企画をさらに高付加価値化できます。
どんなふうに活用するか、ぜひ一緒にアイデアを考えていきましょう。どうぞお気軽にご相談ください。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる